帯は和服を着る際に必要なものであり、通常は専門店などの店舗で購入するものですが、最近は、インターネット上の通販サイトで購入することもできて便利です。しかし、ネットショッピングを利用する際は、選び方のポイントや、注意点をあらかじめ知っておく必要があるでしょう。まず組み合わせに関しては、着物と同系色のものと、反対の色のものでは見た目の印象がずいぶん変わるため、その違いを知っておく必要があります。同系色の場合は、例えば着物が濃い目の色の場合は、薄目の同系色のものを選ぶと全体的に落ち着いた雰囲気になりますし、逆の場合だと色の強弱がついて全体的にキレイにまとめることができます。そして、着物と反対の色の場合(青色の着物に対して黄色など)は、個性的な印象にすることができるでしょう。

色の選び方や、サイトへの問い合わせについて

次に色の選び方については、長く使うものであるため、自分の好みに合ったものを選ぶというのが基本になると言えるでしょう。流行の色なども魅力がありますが、時期が過ぎると流行遅れになってしまう場合があるため、あまり流行を気にし過ぎないことも重要です。そして専門的なことについて疑問がある場合は、サイトに設置してある問い合わせ機能などを利用して相談するとよいでしょう。さらに、帯についての相談や質問にしっかりと答えてくれる通販サイトであれば、信用度も高いと考えられるため、積極的に相談してみるのもよいと言えます。また、実際に購入する際は、技法や生産地、そして原材料などをよく確認して、納得した上で購入する必要がありますし、もしそれらの表示が明確でない場合は問い合わせを行いましょう。

伝統マークや、リサイクルの商品について

帯を通販サイトで購入する際は、それが伝統工芸品(伝産法に基づいて作られた商品)である場合は「伝統マーク」の入った証紙がついているため、一つのチェックポイントになると言えます。この伝統マークは、一定の基準を満たした伝統工芸品であることを証明するものであり、万一不具合があった場合でも、登録されている整理番号から生産者を特定することが可能になります。そしてリサイクルのものを購入する場合は、長さが短いというケースもあるため、自分の体に合ったサイズかどうかということを事前に確認しておく必要があるでしょう。また、アンティークのものに関しては、糸が劣化しているケースもあり、少し見ただけでは分からない場合も多いため、縫い目の箇所をしっかりと調べることも必要だと言えます。