着物をお洒落に着こなすためには、素敵な帯が必要です。そして見た目だけでなく、締め心地も良くなければなりません。さらに一度締めた後で、着崩れないことも大切です。腰の部分が緩んでしまうと、裾が下がります。ずれたり落ちたりしないためには、しっかり着付けを学ぶと良いです。多少強く引っ張りながら締めると、全体が落ち付きます。肌と布の間にすき間をあまり作らないようにするとうまく着られます。着物を上手に着られるようになったら、いろいろな和装小物も楽しめます。専門の通販サイトには、着付け小物やかんざしなど、女性に人気のアイテムが豊富に揃っています。カタログをダウンロードできる場合もあり、欲しい物をじっくり選べて便利です。また、まとめて買うと送料が得です。

美しく着こなすために注意すること

女性向けの帯には、花嫁衣裳に用いられるタイプもありますが、振袖や留袖、訪問着などに使えるものに需要があります。美しい着方のポイントとして、まず長襦袢の衿の高さが左右で揃っていることが挙げられます。そして着丈は足の甲に少し掛かるくらいが望ましいです。後ろから見た時、腰にたるみがないように注意します。通販サイトには、モデルがおしゃれ着や礼装として小紋を来ていたり、紬を着こなしていたりしますので、参考になります。その他、和風下着も販売されています。例えば夏物や冬物の長襦袢、足袋もあります。ただしサイトにある写真は、色など若干実物と違って見える場合もあるため、前もってしっかり確認するとトラブルになりません。サイズや種類も、注文前によく確認するようにします。

注文する時は寸法を間違えないように

帯には洋服のサイズのように寸法があります。丈が10cm位短くても締めることは可能です。しかし、40cm以上短かいと締めにくくなります。窮屈な思いをしていては、着物を着ても楽しくありませんし、身体にも負担を掛けます。逆に40cm以上も長いと締めにくくなります。そのため通販サイトから注文する際は、寸法の確認を忘れないようにします。特別な事情がないと返品交換ができないところが多いので、その点は注意します。発送はサイトにもよりますが、在庫があれば注文を受けたその日か翌日に送付されます。会員登録をしていれば、注文履歴なども確認できて便利です。配達日時を指定できることもあるので、サイトで確認します。所定のフォームに入力するだけで、手軽に注文が完了します。